Other

カーオーディオなど向けに高音質/多機能なサウンドプロセッサ18機種のラインアップ完成! 豊富なラインアップで、セットに最適なサウンドプロセッサ選択が可能に!

発表日:2010-02-23 半導体メーカのローム株式会社(本社:京都市)はこのほど、カーオーディオ、ホームオーディオ用途に最適なサウンドプロセッサ「BD375□□シリーズ」計18機種のラインアップを完了しました。「BD375□□シリーズ」は2009年10月より順次サンプル出荷(サンプル参考価格1,000円)を開始し、2010年2月から月産50万個(18機種トータル)の規模で量産を開始する予定です。なお生産は前工程をローム浜松株式会社(静岡県)、後工程をROHM INTEGRATED SYSTEMS (THAILAND) CO., LTD.(タイ)で行う予定です。 近年、カーオーディオ市場は、3系統入力(例:CD又はUSB/チューナー/AUX)、4スピーカ出力のシンプルな機能の製品から、CDやDVD、ハイダウェイユニットなど複数のメディアを同時に接続することに加えて、細かな音質調整が可能な5系統入力、6スピーカ出力対応の高機能製品までラインアップは拡がっています。一方、車内におけるリスニング環境も、セダンやクーペ、ワンボックスなど、ライフスタイルや用途に応じて様々であり、多様なリスニング環境に合わせて細かな音響効果調整を行うニーズも高まっています。 ロームはこうしたニーズの広がりに対応するため、入力ソース数や、スピーカ数、音響補正機能といった組み合わせに応じて計18機種のサウンドプロセッサLSIのラインアップを完成いたしました。 ロームのサウンドプロセッサは、音響製品で最も重要な特性である低歪率、低雑音を実現しながら、ボリウムなどの切換え時に発生する不連続な波形を滑らかな波形に補完し、不快な切換えショック音を軽減するアドバンスド・スイッチング機能を全シリーズに採用、さらに高級カーオーディオ向けには、狙った周波数だけを正確に調整可能なパラメトリックイコライザ、ラウドネス、サブウーハ用LPF/HPFなどの各種音響補正機能を内蔵するなど、カーオーディオの高機能化が外付け部品無しで簡単にできるLSIをラインアップに加えました。 また、全機種で共通のレジスタマップを使用しているため、制御マイコンのソフトウェアの大部分はそのままお使いいただきながら、サウンドプロセッサの変更により普及タイプから高級タイプのカーオーディオラインアップを簡単に展開できます。さらに、お客様のニーズに応じてシアターサラウンドなどホームオーディオ向け市場への応用も可能です。 ロームでは今後も高音質なサウンドプロセッサ技術を高め、より快適な音空間づくりに貢献していきたいと考えています。 ■オーディオ用サウンドプロセッサ「BD375□□シリーズ」の特徴 豊富な製品ラインアップ 業界最高レベルのボリウム/トーン切り換えショック音低減特性 入出力のカップリングコンデンサ以外のほとんどの外付け部品を内蔵 低歪率0.001%で原音を忠実に再生 雑音を極力抑えた回路構成で低雑音を実現(3.8μVrms) ■オーディオ用サウンドプロセッサ「BD375□□シリーズ」ラインアップ ■用語説明 サウンドプロセッサ サウンドプロセッサLSIは、入力ソースセレクタ、入力ゲイン調整、メインボリウム、音質調整用イコライザ回路をワンチップに内蔵したサウンドコントロールLSIです。MD、CD、TUNER、TAPE、AUXなどの入力信号はセレクタで切り替え、一定の音量に調整した後、ボリウムやイコライザで音量や音質の調整をして出力します。 LPF/HPF(ロー・パス・フィルタ / ハイ・パス・フィルタ) カーオーディオでは、不足しがちな低音域を増強するために低音専用のスピーカ(サブウーハ)を用いることがあります。サブウーハは低音専用のため、LPFを用いて低音のみを取り出します。 低音をサブウーハで増強した場合、サブウーハ以外のスピーカは不要な低音をHPFで除去し、ドアやダッシュボードなどの不快な共振を防止することもあります。 ラウドネス ラウドネスとは音量が小さくなると低音域と高音域の音が聞こえにくくなるという人間の耳の特性をサウンドプロセッサLSIで補正する機能です。純正のカーオーディオでは車種によって車内の広さや形が違うため、車種ごとに外付け部品で特性を微調整しながら音質を調整しています。 差動入力 グランドノイズをキャンセルする機能を持った入力端子。例えばCDチェンジャーをトランク部に設置するなど、カーオーディオ本体から距離を離して配線する際には、自動車の発電機からのノイズを拾う可能性があり、差動信号を用いてこれを相殺してノイズとして聞こえないようにする仕組み。

Copyright © 2015 A Daily News.

To Top